Top
カテゴリ:2005.ヨーロッパ旅行( 30 )
|
|
2005年 11月 30日 |
色んな物や、人に出会いました。
3カ国まわったけれど、
ロンドン・パリ・
ミュンヘン・ベルリン・フランクフルト・香港
これくらいに分類できるかも・・・。
それぞれに、カラーがありました。

日本を改めて素晴らしいと感じる瞬間もあり
海外の方が良い部分も感じたり。。。
とにかく、パリとドイツでは
赤ちゃんをバギーに乗せて歩いている
自分と同じ位?の年齢の女の人を沢山みた。
子供に対しての愛情表現が素晴らしいと感じた。
バギーもタイヤが太く安定しているし
寒いので赤ちゃん用のスッポリ入る服とか。
ドイツは電車に自転車もバギーも乗せられる。
雪が積もっててても自転車で平気で走っている。

赤ちゃんも可愛かったけど
そうそう・・・「犬」も可愛かった。
何も繋いでいないワンコが多くて
それでもご主人様だけについていく。
ちゃんとしつけされている感じだ。
犬も電車に乗っていましたわ・・・☆

トイレにお金がかかるのには、ホント困った☆
それはデパートであってもそう。
20〜50セントかかったりする。
フランスの道ばたの公衆トイレにやむなく
入る事もあった。。。(ムーランルージュの付近で)
色々な流す仕掛けがあって
それを解明するのが快感になりそうだった・笑

道に迷うのは大前提だったので
地図にプラス「方位磁石」を持って行ってた。
結構役立った☆

あと、とても乾燥したので
水ばかり飲んでいた。。。。
エビアンが一番飲みやすいので
そればかり飲んでいた・・・。

パリまでは、完全に晴天に恵まれていたが
ミュンヘンから吹雪&曇りの極寒。
ドイツに入ってからは少しマコちゃんと
気分的に落ちた時もあったけど・笑
優しい人たちにも沢山出会った。

やはり英語は必要やな・・・と感じた。

日本には海外の物が溢れているので
何も見た事無い状態で海外に来ていたら
もっと感動したんだろうな・・・って感じました。

ロンドンもパリもドイツも車社会。
パリに至っては、全然ベコボコの車体でも
気にせずって感じでした。
路駐も、大阪以上に多く・・・
その車の中を見物して歩いていた。。。
ミッションが殆どだね〜〜〜。
日本みたいに、フワフワした飾り付けしてる車は
やっぱ無いね〜・笑

ドイツのオッチャン&オバチャンは80's。
背の高い女の人が多かった。175〜180cm位の女性も
ざらにいる。
オッサンみたいなオバチャンを良くみかけた。
鼻にピアス&クチにピアスは当たり前のように
している人が多い。
どんなに服装が地味であっても、していた☆
ドイツの一般的な服屋さんはダサめ。
こんな服しか売っていないので
勿論、道を歩いている人の殆どが・・・だった。

日本では外車乗ってる人も多いので
ベンツとかルノーとかの車が新鮮に感じない。
しかし、あの小さな「スマート」が
めっちゃ主流?!沢山走っていたよ。
日本車はやはりトヨタが多いかな?
スズキのワゴンRを1台だけみかけた。
あと、昔のニッサンマーチ(名前は違った)も多い。

あと、ロンドンの信号は苦手でした☆
でも、黄色い丸いのがついた棒の信号では
歩行者優先で、車が止まってくれるのが
気持ち良かった・・・。

結構書き出すと色々思い出すなぁ。

テレビ番組・・・!
ロンドンのは全てが教育番組かっっっっ??
ってくらい、暗くて地味でした。
フランスはドキュメント風なのが多かったかな?
フランクフルトでやっと見られたTV!
ドイツのテレビ番組が1番日本に近いかもしれない。
CMの感じとか似てた。ドラマもあるし。
そうそう、ニンテンドウDSのCMはヨーロッパで
流れまくり。すごいな!マリオ!!

スーパーは楽しかった・・・。
ロンドンのスーパーでは、色んな物があった☆
家族の多い家庭では、お得なサイズのものばかり。
ドイツでは「SCHLECKER」っていうコンビニみたいな
お店を活用したよ!!
お菓子も安い!!

フランスの人は冷たいとかいう噂を聞いてたけれど
私たちが出会った人は(最後の東駅の駅員以外)
とても親切で温かかったです。。。

そういや、VICTORIAを早朝に出て行くときに
カギを預けようとフロントに行ったら真っ暗で
「アレ?」と思ったらホラー映画みたいに
係の人がムクっと出てきたのを思い出した。
恐かったけど、笑えた。。。。

ああ、長々とスミマセン。

ここまで読んでくださった方々ありがとう!
やはり、帰ってくると・・・
また旅立ちたいなぁ。。って思いますね!

何だか、色々と刺激もあって
リフレッシュ出来た旅でした。

マコちゃんお疲れ様☆
また、楽しい旅をご一緒してね!!

e0068732_11333191.jpg

[PR]
2005年 11月 29日 |
これまた、飛行機に乗らないとアカンのよなぁ〜〜。
これが最後の難関です!!!

飛行機に乗ると、さっそく香港時間で
ご飯を配られる。。。
1食目は美味いが2食目からは何だかお腹いっぱい。。
斜め前に、アジア系の奥さんとドイツ人のおじいさん(多分旦那さん)
そして小さい子供と赤ちゃんが乗っていて
その家族をみていて、癒された。
赤ちゃん・・・可愛いなぁ。
香港から乗り継いでからも
容赦なく機内食が運ばれる。。。
カマボコみたいな食感のソバ。
緑茶も出てきて、日本が近づいて来る事を実感!!!!

そして、とうとう関空に到着!!
マコちゃん。。。約20日間お疲れ様!
ありがとう〜〜〜。

これで、やっと温かい日本食を食べられるね!!!!!!!!!涙

と思って、スーツケースを取りに行ったら
新品の持ち手が。。。バッキバキに
壊れていた・・・。ああああ・・・
ああああ。。。。
イベントで使おうと思ったのに!!!!ああああ!!

そして、私はここから80分くらい
バスに揺られて奈良へ帰るのであった。。。
は〜〜〜。家〜!家〜!

e0068732_2193574.jpg
[PR]
2005年 11月 28日 |
だいぶんと荷物を減らしてみたが
ケースが大きくなったので運びにくい!!
ジャーマンレイルパス。。。
最後の4回目を使用をして
フランクフルトへ!!!
最後が近づいてきた。。。。

オスト駅から特急で4時間かかる。
これは本当に二等席??って感じの綺麗な電車で
どこに荷物を置こうか??
席はどこにしようか???
と考えているうちに、良い席を逃してしまった・笑

マコチンと、電車に揺られ・・・
時にウトウト。時に起きて昨日の残りのマフィンを食べたり
外の景色(大きな風力発電の風車みたいなの)にうっとり。

そして、フランクフルトへ到着。

なんだか、ベルリンよりは動きのある街で
気温も寒くないけれど、やはり薄暗い。。。
荷物をホテルテルミヌスに置いて
街の中心部へと繰り出す。。。

けっこう、すこしヤバめの輩もチラホラ。
後に調べたら、この駅付近も
犯罪は少なくないらしいです・・・。

これまた、ヌテラのクレープ食べたり
マコチンはポテト食べたり・・・。
お気に入りのスーパーでお菓子買ったり。。。
りんごのワイン?飲んだり(マズかった)
最後の夜を(と言っても夕方)を堪能しつつ
ホテルへ戻った・・・。

私たちが、この旅で愛したmullerのヨーグルトとも、お別れか・・・・。

これ、日本でも売ってないのかな〜〜??

e0068732_21104961.jpg


e0068732_11313587.jpg
[PR]
2005年 11月 27日 |
今日もペガサスにて一番乗りに朝食を。
パン、ホカホカで美味しい〜〜。

オスト駅に向かうと、その駅前でも
蚤の市をやっていた。
もしかして、大きめの駅前では結構やってるのかな??

で、某雑貨屋さんの本に書いていたマーケットに行こうと
電車に乗って行ったけれど
乗り継ぎばかりで、なかなか行けない。
なんと、良く分からないけどその線が途中で運行中止でした。

で、Ost Bhfの駅が最寄りのマーケットへ。
ここは何だか客層が若い。。。
手作りの物を出している人も数人いたけど
パっとせず。。。
ドイツの人って、ダサい(スミマセン)人が多く見られたけど
ここの客は、けっこう可愛い格好の人率が高かったよ。

で、そこからzoo駅へ行き・・・
気になっていた特大のスーツケースを安いので
購入!!!これに、持ってきたスーツケースをつめて
帰ろうっと☆

で、このスーツケースを持ってマコちゃんと
電車に乗っていたところ
途中の駅で、変なオジサンが二人乗車してきて
何かドイツ語で皆に話し始めた。。。

あ!!!

どうやら、DBの検札のオジサンらしい。
私たちは誇らしげに1日乗車券を差し出す!!
ああ〜。やっぱチェックしに来るんや。
買っておいて良かった!!
で、向こうの方で切符を買ってなかった人が
発見されていた。。。
「40ユーロ・・・」と聞こえてきた。。。
どうやら罰金をとられたらしいです。

夕飯は、いつもの店でワンタン麺と鮭巻(スシ)☆

e0068732_211293.jpg

e0068732_11294320.jpg

[PR]
2005年 11月 26日 |
DBの1日乗車券を持っていたので
そのまま二階建てバスに乗り込んだ私たち☆
ロンドンで乗った二階建てバスを想像していたが
少し狭い上に、窓が汚いので
景色を見る事が困難だ・・・・・。
いったい、どんなペースで掃除してるんやろ??

zoo駅に到着。
わ!ベルリンにも、こんな繁華街が。。。
でもやはり・・・どこか80年代の香りが。
書き忘れていましたが、ベルリンの中年の男性&女性は
エイティーズファションが多いです。マジ。

そこでカイザー・ヴィルヘルム記念教会を
外から見る・・・・。
何でも戦争で爆弾があたった教会を
記念としておいているらしい。何だか圧巻。

で、歩いてカー・デェー・ヴェー(大きな百貨店)へ。
さすがに、オスト駅では見る事の出来ない程の
人の多さだ!!!
ここでまた、移動遊園地に遭遇。。。
子供達が可愛い!!!

そして、この日の夕飯は
いつものお店にて、2ユーロのワンタン麺!!!うま!安!多!

e0068732_2164877.jpg
[PR]
2005年 11月 26日 |
ペガサスホステルにて、初の朝食。
土日だけ朝食付き。
というか、その分宿泊費も高なってるやん!
もとをとろうと食べまくってみた。

他のお客さんを初めてじっくり見た。
若い女の子もいるんやね〜。

Moriz PLの蚤の市へ。
ターキッシュ系の人がやっているお店が多く
何か樹脂に入れれる印刷物を探し
なかなか良い買い物をしたが
その後の別のターキッシュ系のお店にて
オッサンに少々ぼったくられた。
こんな紙切れに・・・高い金を払ってしもた!!!
とすごく悔しい!!!

その後はTiergartenへ。
小規模ながら、綺麗な店並み。
ここにも日本人がチラホラ。
マコちゃんにしたら、両方とも期待していた感じの
マーケットではなかったみたいです。

で、そのあと・・・ベルリンにてめっちゃお世話になる
ダンキンドーナツのベーグルセット(lucky star)を
食べに行く。
食べおえて、今日買った物を
見せあいっこしていたら、、、、
隣にアジア系の女の人と旦那さんらしきドイツ人が
座ってきた。

うちらの買ったもの品評会?!をチラチラ見ているな〜
と思っていたら、女の人が声をかけてきてくれた。
やはり日本人だった!!

ドイツにはもう15年も住んでいる方で
旦那さんともラブラブというか、同士みたいな感じ。
フランクフルトに住んでいるけど
週末だけベルリンに遊びにきたらしい。

私の買った印刷物を旦那さんが見て
「これは、こういう時の冊子だよ〜」と奥さんが
通訳しながら教えてくれた。

あと、ウンダーデンリンデンからzoo駅まで
バスに乗って観光してみたら??
と言われたので行ってみる事に☆

e0068732_21152442.jpg


e0068732_11324999.jpg
[PR]
2005年 11月 25日 |
起きたら・・・・また、雪が!!!!
やはり、ドイツって寒い国なんだなぁ。。。
でも、寒さはミュンヘンよりも耐えられそう。

10時頃から、待望のトリッペンアウトレットへ。
トリッペンの靴は高いので1足しか持ってないけど
このアウトレットは3分の1の値段くらいで買えるらしい。

郵便屋の兄さんや、おじさんに聞きつつ
なんだか、すごく寂れた工場地の中庭の様な場所にある
トリッペンを発見。
噂のモンゴル人のお姉さんもいる。。。

で、やはり恐れていた通り「キャッシュ・オンリー」
だった・・・。
色々靴があるのに〜〜〜〜〜!!!!
でも、カードを使えてたら、ロングブーツまで
買ってたかも。。の勢いだったので
これでいいのだ。

ここで2足購入。

モンゴル姉さんの言うところ、
目と鼻の先の場所に、もう1店舗あるらしく
そこにも行ってみた。
変な古い建物の3F。
ここでも安い靴を買った!!!

履き倒れの街やなぁ〜!ドイツ!!
ってくらい、靴を買っている私たち。

そんでもって、本日の晩飯は
昨日と同じく。。。タイカレー。

e0068732_2173682.jpg
[PR]
2005年 11月 24日 |
朝・・・本当はzoo駅で下車する事になってるが
下車しおくれてしまって焦る!!
でも、偶然にも、ホステルのあるオスト駅が次の駅で
ラッキー!!!!
降りてしまえば、改札が無いので全然大丈夫。

マコチンが、昨晩のケバブの味の濃さにやられて
苦しそうだったので、オスト駅のベンチにて
少しゆったりと・・・。
もう朝の8時だというのに、薄暗いベルリン。
雪は降っていないものの、
何だか寒いな・・・・。

そして、ベルリンにて泊まる「Pegasus hostel」へ。
何だ・・・このストリートは。。。。
想像の中のベルリンの壁崩壊時期のまま・・・
みたいな閑散とした風景と色。
この先に。。。ホステルが???

あ、ありました。ありました。。。
入り口まで少し距離のある
ブラックライトみたいなトンネルを通って
受付のロビーまでも少し階段のある・・・
ペガサスに到着!!!

で、4階だけれど。。。「ノー・リフト!」
大きな荷物を「うんせ。。。うんせ。。。」と運んだ私たち。

何とか荷物を運んだあと、呆然としながらも
外へ出かける事に。
お目当ての鞄屋さんに行く予定でしたが。
何か見つからず!!!

でも、移動遊園地には結構出会えたベルリンであります。

夕食は、私たちの憩いの駅・・・「Friedrich Str」で
またもやアジアン料理。
「Thai-nippon」タイと日本料理のお店にて。
タイカレーを・・・。
チェーン店だけれど、美味いです。安いです!

e0068732_2183194.jpg
[PR]
2005年 11月 23日 |
ミュンヘンの街は1日あれば回れる感じの
小さな街でした。
ホステルをチェックアウトした後
またまた。。。BIRKENSTOCKの靴を見に。
私も買ってしまったよ!
来年の夏が楽しみ・・・。

夜行でベルリンに行くので時間つぶししながら
駅の大きな食べ物屋さんの集合体の
ポテト食べつつ、ビールを飲む。
見た目が可愛かったので水色の缶のビールを飲む。
・・・・これも飲みにくかった・・・。
マコチンはケバブバーガーを食べて
後に胃を重たくしてしまう事になる。。。
味が濃いんだよなぁ。。外国ってやつは!

しかし、今回の夜行は大人数で寝るタイプ・・・
これこそ、少しドキドキやん!!と思いながら
時間待ちをする私たち。。。

しかし、今回の夜行は2つの向かい合うシートを
合体させ下に1つ上の板を下ろして2つ目。
それにカーテンをかけるので、2人部屋な感じの
列車でした・・・☆
良かった☆良かった☆

e0068732_2264778.jpg
[PR]
2005年 11月 22日 |
今日も寒い。。。
お城を見に行く場所は、もっと寒い地方なのだ!!
気合い入れねば!!!!

朝食にホステル近所のカフェにて
プレッェンにネギバター挟まってるパンを食べる。
隣に座ってるオジサンみたいなオバサンは
マイバター持参でパンを何個も食べている。。。

そして、ジャーマンレイルパスを使用して
ミュンヘン中央駅からフュッセンへ。
ドイツは改札が無く、自分で切符を買って
駅にある刻印を押してから電車に乗るシステム。
だから、きっとタダ乗りしてる輩もいるはず。。。と
私たちは思っていた。

電車に3時間ゆられてフュッセンへ。
それまでの景色は、ほんま雪国。
そこからはバスでノイシュヴァンシュタイン城の近くまで
行く予定なのですが・・・。
どこかな?と思っていたら、日本からの観光客が多いのか
日本語表示の看板があったりした。

前に日本人2人と日本語ペラペラのドイツ人1人が
偶然にいたので「このバス、城に行くか?」
みたいな変な日本語で尋ねてしまった。

よし、このバスで良いみたいだ!!

しかし、絶景・・・。
日本でも最近ではこんなに沢山の雪は見られない☆
しかも、降ったばかりなので粉雪だ。

お城へのチケットを買って
歩いてお城へ向かう事に!!!!!

冬山の登山のような感覚でしたが
景色が恐ろしく美しい。。。
スイスに行きたかったけど行けなかった私には
結構見たかった景色を見られました。

で、このお城のチケットは
半分ツアーな感じになっていて
日本語の説明が流れる自分用のスピーカーを持って
お城に入った。。。

日本人率、少なめ。私たちとあの日本人青年2人くらい。
あとはコリアンの台湾人の20人位のツアーだけかな??

台湾人のオッチャンが、明らかにおかしい持ち方で
スピーカーを持ってたのが笑えた。。。。

お城は、意外と小さかったけど
昔々からこの場所にあって、そこに暮らしがあったんだな。
と重うと感慨深かったよ。。。

帰りの電車ではウトウト・・・。
電車のチケットの検札しに車掌さんが来ると思いきや・・
来なかった。。。。
これならば、タダ乗りしてる人セーフやな。。。!

で、ミュンヘンに着いて、念願の「白いソーセージ」を
食べた!!!!!!!!
マジで美味いよ!
サイコーです!!!

でも、ホステルに帰ったら又じんましんが・・・・。


e0068732_2245813.jpg

e0068732_2251533.jpg

e0068732_1141956.jpg

e0068732_11412228.jpg

e0068732_1141428.jpg

e0068732_1142142.jpg

[PR]